包茎手術

料金PRICE

¥132,000

 

リング・ボール・リングバー同時施術¥88,000 

※上記施術費用以外に診察料1,000円

※公的医療保険適用外

※料金は全て税込価格で表示しております。

ペニスは亀頭部とよばれる亀の頭に似た部分と、陰茎部つまりサオの部分とに分かれます。

亀頭部の先端には外尿道口があります。

裾は亀頭冠いわゆるカリと呼ばれる部分で、横に広がるように出っ張っています。

亀頭部の裏側には外尿道口の下の部分と包皮がつながっている部分がありますが、ここが包皮小帯です。

男性の性感帯のひとつとして知られています。

さらにこの延長線上に陰茎縫線という筋があり、ここもセックス時に女性の舌先でそっとなぞらえられたりすると、得もいわれぬ心地に浸れるものです。

陰茎部は海綿体というスポンジのような組織から成っています。

この海綿体は陰茎海綿体と尿道海綿体とで構成されています。

海綿体の中には動脈と静脈が走っています。

ペニスは包皮で覆われています。

包皮は外側が外板、亀頭部と直接接触しているのが内板と呼ばれ、この外板と内板がめくれて亀頭部が露出し、皮がむけた状態になります。

 

包茎(phimosis)

包茎とは、亀頭が包皮で覆われている状態を言います。

新生児は生埋的に包茎ですが、幼児から少年期になるに従って包皮と亀頭の癒着が取れ、勃起をくり返すうちに包皮の先端が大きくなり、青春期には亀頭が露出した状態になります。

このように男性は赤ちゃんの時から小、中学生のころくらいまで、ほとんどの人は包茎の状態なのです。

欧米では割礼といって幼少時に包茎の手術をしてしまうケースが多いものです。

中近東のイスラム教の諸国やユダヤ教の国では、宗教的儀式としてこの割礼を行っています。

包茎は大別すると仮性包茎、真性包茎、カントン(嵌頓)包茎の三つの種類に分けられます。

仮性包茎は普通の状態では包皮がかぶっていますが、勃起すると皮がむけて亀頭が露出するか、もしくは容易に亀頭を露出できるタイプの包茎です。

言い換えれば皮が長いと言うことになります。包茎の8、9割がこのタイプです。真性包茎は、亀頭先端部の包皮が極端に狭く、亀頭の露出がまったく不可能な状態をいいます。

亀頭先端部が狭いけれども亀頭を露出できればカントン包茎といいます。

このカントン包茎の場合、無理にむくと締めつけられ激痛を感じるものから、痛みをほとんど感じない状態までさまざまです。

真性包茎や強度のカントン包茎であれば病的な状態といえます。強度のカントン包茎の場合、何かの拍子で亀頭が露出されてしまい、亀頭下部を強く締めつけ、元に戻せないためにうっ血がひどくなり、緊急手術が必要となったケースもあります。

自然に皮がむけるのは 18歳までという現実があり、手術をしないと包茎は治りません。

皮かむりとはよくいったもので、本当に厄介な余分な包皮です。

仮性包茎は機能的に問題があるわけではないので、必ずしも手術をしなければならないとはいえません。

しかし、仮性包茎といえども、そのままにしておくと、いつも亀頭は皮がかぶったままの状態で保護されているので、いわばモヤシっ子の状態ですから正常な発育が阻害されたり、亀頭炎(balanitis)や包皮炎(posthitis)などさまざまな弊害を生じることもあるのです。

亀頭部が刺激に弱く敏感になり、早漏の原因にもなります。

さらに、見た目にも皮かむりは悩みのタネになるでしょう。

自分でムクことができる仮性包茎といえども皮がだぶついているわけですから、自然に包茎の状態に戻ってしまいます。

このとき毛を巻き込み、ときには亀頭が傷つき、痛い思いをします。

これは毛切れという現象です。

包茎は短小、早漏の一因のほかに、皮かむりですと不潔になりやすく、アカ(恥垢)がたまって悪臭の原因にもなります。

セックスがうまくいかない、彼女を満足させられない、衛生面でもセックスに自信がもてない原因となります。

仮性包茎であることを知られたくないと気にしたりして、わずらわしさがいつでもつきまといます。

 

包茎の手術を受けても、すぐに早漏がピタリと治るわけではありません。

当然、ペニスの大小と同じように、持続時間にも個人差はあります。

けれども、常に皮がむけていて亀頭が露出しているわけですから、刺激に対して強くなるのは事実です。

包茎手術後、先っぽがいままではピンク色に近かったのが、この頃は黒ずんできて、カリ首も太くなって、早漏が治ったという人もいます。

包茎が治ったという精神的な面、つまり性的コンプレックスから解放されたということは、セックスの自信にもつながります。

別に悪意はなくても「皮かむりの男って不潔」と、好きな女性にこう言われようものなら、男性はお先真っ暗。

こんなことのないように早く皮かむりからは脱皮したいものです。

 

美容外科専門医による自然な仕上がりの包茎手術

 

 

包茎手術は非常に歴史も長く、昔から行われてきた手術です。

ただ単にカットして縫い合わせるだけといったものでは、キズの仕上がりに対し充分な配慮がなされていたとはいえません。

傷跡がのこらないと宣伝されている亀頭直下埋没法という手術は性感帯である内板をすべて取り去ってしまう手術に比べて、亀頭下Vカット性感帯温存法は、自然な仕上がりで機能

的に問題がない、といった手術法です。

人間一人ひとりの顔が違うように、ペニスも人それぞれ違います。

長さ、太さ、形それぞれの違いを考慮し、その人に合ったデザインをすることから始めます。

冠状溝(カリ首の溝)の下10ないし15ミリのところから余剰包皮の幅を計測、デザインを

行います。

その際、性感帯となる内板は最大限残し、包皮小帯はVカットようにデザインするわけです。

縫合には溶ける糸を使いますので自然な仕上がりを実現できます。

また麻酔はペニス根部の神経ブロックを行います。

手術後、約3週間ほどで縫い合わせた糸は自然に溶けてなくなります。

手術後、約3週間ほどでセックスができるようになります。

 

手術後の注意

患部を清潔に保つ

約1週間飲酒は避ける

激しい運動を避ける

また入浴は1週間ほど避けるようにして、シャワー程度なら可能です。

仕事上の支障はありませんので、その日から仕事も可能です。